株で成功した人失敗した人

株は人生最大のギャンブルと言われるほどです。大儲けした人の人生や大損した人の人生、そんな夢と地獄がある株ですが絶対に失敗しないとまでは言いませんが勝てる確立を上げる方法はあります!是非覚えておきましょう。

株で成功した人は余生を遊んで暮らせる?

現代の世界では株式投資に成功するということがあたかも人生の成功と同義であるかのように言われることが珍しくありません。
そのため「株で成功すれば余生を遊んで暮らせる」というような考え方を持つ人も多いでしょう。
ですが本当にそうなのかと言われると、これは絶対にそうであるとはいえません。
例えば分かりやすいところで「サラリーマンの生涯賃金」という金額を出してみましょう。
これは現在では2億円前後が妥当と言われているわけですから、株式投資で2億円の利益を出すことが出来たのであれば、普通の生活であれば今後働かずとも生活することが出来ると考えられるのではと思えます。
ただ実際のところ、これで全て問題ないのかと言われると怪しい部分はあります。
例えば株式投資だけで成功してあとは働かないということになると、保健や年金に関しては国の制度に加入する必要が出てきます。
こうした保険費などは会社勤めだと会社が折半してくれる部分もあるわけですが、個人だとその全額を自己負担しなくてはなりません。
また一般的に暇な時間があるということはお金がかかるということでもあります。
普段であれば会社にいる時間でも自由ということになるとその時間を過ごすにはお金がかかってくる可能性が高いわけですし、また手元にお金が大量にあると、その後の運用がおろそかになる可能性も出てきます。
「遊んで暮らす」という前提を考えるのであればこの時間を節約して暮らすことは出来ないわけですから、5億円程度の資金は欲しいところになってきます。
そして現実的に株だけで5億円も儲けられる人は殆どいないものなのですから、やはり「株での成功」が、それこそ5億円以上の大成功でも無い限り「余生を遊んで暮らせる」ということにはならないと言って良いでしょう。

株で失敗した人のどん底人生とは

株は高レバレッジのFX取引などと比べるとまだリスクが低い方と言えますが、それでも投資先の企業が倒産したり、経営が悪化したりといったようなことの影響をダイレクトに受ける部分があります。
そのため株式投資の際には投資先候補の企業の状況を判断して利益が出せそうかどうか、いきなり経営が悪化する恐れは無いかなどをチェックしなくてはならないのです。
ですがそうしたチェックをしていても、キャピタルゲインなどを狙った投資を行うのであれば当然リスクは負うことになります。
信用取引などの方法で運用をしていたのであれば、それはなおさらのことでしょう。
では株式投資に失敗した人はどのようになるのかというと、まず間違いなく「手元の資金を失う」ということになります。
どれくらい失うのかは人それぞれで、例えば現物取引をしていた人なのであれば一文無しになることはあまりないでしょう。
ただ信用取引に大失敗して追証が発生し、その金額が保証金の範囲を超えたというのであれば、不足分を支払わなくてはなりません。
特にリーマンショックが発生したころはこうした動きがかなり多く見られ、ショック発生日前日までは左うちわだったのに、次の日になればいつのまにか自分には抱えきれないほどの借金が乗せられていたというようなこともあり得るわけです。
そしてさらに問題となるのが、こうした形で負債を抱えてしまった場合の自己破産の成功率が100%ではないことです。
日本では返済しきれないほどの借金を抱えてしまった人への救済策として自己破産があるのですが、株式投資によって発生した負債に関しては免責不許可事由の「浪費」に該当する可能性があります。
もちろん絶対に出来ないというわけではありませんが、裁判官の判断によっては救済の必要が無いと判断されることもあるわけです。
株式投資に失敗すればこのような地獄の日々を送ることもあり得るわけですから、慎重な判断が必要なのです。

株は人生で一番のギャンブル

株が人生で一番のギャンブルといわれるのには理由があります。それはハイリスクハイリターンと呼ばれる、投資商品の中でもっともリスクの幅が大きい投資商品だからです。ここで言うリスクというのは損をする大きさではなく、価格の変動の大きさを言います。つまり損をするのも大きいですが、利益を得るのも大きいという事です。株式は会社の業績によってリスクの変動が大きく、1日単位で何千円も価格が変わってしまう事も珍しくありません。さらにその会社が不祥事や何かしらの事件を起こしたりして報道されれば株価は一気に下がってしまいますし、逆に何かしらの功績を残したり、受賞して大々的に報道されれば今度は株価が一気に上昇します。
このように振れ幅であるリスクが大きいが故に投資に関する人並み以上の知識がなければ、たちまち大切な自分の資産を減らしてしまう事にもなりかねません。何も勉強しないまま証券会社の人や知り合いの意見に流されるままに株式を購入しているような人にとってはまさにギャンブルとなってしまいます。
しかし、株式は損失の可能性が大きいからこそ大きな利益になる可能性も高く、上手くやれば1年間で元金を2倍に増やす事もけっして不可能な事ではありません。もちろんそうなる為にはプロ並みの投資の知識が必要で、毎日の相場のチェック、経済ニュースや新聞のチェックなど莫大な時間をかけなければなりません。
株式をギャンブルにしない為にはそのような常日頃からの勉強が大切で、経済に対して敏感になる必要がありますし、相場の読みも重要になってきます。しかしこれらの事を徹底してやればもちろん負ける事はありますが、大きな負けを追う事も少なく、トータルで見ると資産を増やす事が可能です。
■本物の仕手株情報が手に入る方法
最新の仕手株銘柄情報